ドラマティック・ナイト

テレビドラマ好きの管理人が、主に今やってるドラマのあらすじと感想を書いてます。

*

掟上今日子の備忘録 第10話(最終話)  あらすじと感想

      2015/12/15

今日子の過去とは?

公式サイトのあらすじより

今日子(新垣結衣)が姿を消して以来、厄介(岡田将生)は彼女を探し続けていた。10日目、厄介は、デートの約束をしていた映画館の前で黒髪になった今日子を見つける。しかし、厄介が声をかけても、今日子は“掟上今日子”という名前も忘れており、厄介を冷たくあしらって去っていく。厄介は今日子の後を追うが、途中で見失ってしまう。

翌日、今日子を見失った場所を再び訪れる厄介。今日子の姿を見つけ、声を掛けようとすると厄介の前に、澤野(要潤)が立ちはだかる。今日子は、いまは澤野の妻・里美として暮らしているという。二人は昔出会って結婚までしたが、彼女が突然いなくなってしまい、何年も探していたのだと聞かされる厄介。里美と呼ばれる今日子は、澤野に守られて穏やかな暮らしをしているようだった。厄介は今日子の幸せを壊したくないと思い、彼女に別れを告げる。

一方、「サンドグラス」は、閉鎖の危機に。スポンサーだった大金持ちの態条が亡くなったため、法郎(及川光博)は「サンドグラス」の経営を続けていくのは難しいと考えていた。それは、同時に“探偵・掟上今日子”の居場所が無くなることも意味する…。態条の死のタイミングで今日子が失踪し、夫という男まで現れた。今日子の過去と態条の死には何か関係があるのか?謎は深まるばかり。

今日子が探偵として生きてきた痕跡は、次々と消されつつあった。厄介は、今日子を忘れようとするものの、忘れられない。そんな中、刑事の遠浅(工藤俊作)が厄介を訪ねてくる。厄介は遠浅から、4年前に今日子が解決した殺人事件に澤野が関わっていたことを知らされ…。

 

掟上今日子の備忘録

掟上今日子の備忘録

  • 作者:西尾 維新
  • 出版社:講談社
  • 発売日: 2014-10-15

感想(かなりネタバレあり)

前回で、いかにも友達思いの「好人物」を装っていた澤野が、実は同僚を手にかけた、結納坂その人だった!この事実を知った厄介は、いてもたってもいられない。そこへ、なぜか厄介の自宅から、サンドグラスにいた厄介の携帯に電話が入る。出てみると、果たして相手は今日子。

今日子は厄介に会って「今日子さんと会ってから、毎日を大切に生きています」という厄介の言葉を聞いた時から、寝ていなかった。澤野が与えたお茶や食事を吐き出し、寝たふりをして様子をうかがっていたという。今日子に毎日同じ本をあてがい、いつも「それは明日にしよう」という澤野よりも、厄介を信じるようになった。須永の「記念日」にかこつけ、うまく外に出る事に成功、厄介が今日子に会った時につけていた不動産屋のバッジから、厄介の職場を突き止め、厄介の部屋に侵入、厄介の書いた「Kの備忘録」を目にしていた。

しかし、今日子を追っていた澤野の手下に電話線を切られ、突然電話が途切れる。「Kの備忘録」を手にし、逃げ出す今日子。厄介も異常を察知し、サンドグラスを飛び出す。

厄介は無事に今日子を救出できるのか?

★★★

最終話は莫大な「遺産」相続に、今日子が巻き込まれるというお話。澤野はやはりとんでもない食わせものでした。しかし、毎日記憶がリセットされるといってもそこは今日子。ちゃ~んと澤野の「うさんくさい」所を見抜いてましたね。

そして!

まさかこのお話の中ではありえないと思っていた今日子と厄介のキスシーン!

究極の状況の中、最初は今日子から厄介に軽いキス。そして、厄介から今日子に結構長いキス。ドキドキでしたわ、これは!三日間も不眠、なおかつ悪漢達に追われ疲労で睡魔に襲われながら「忘れたくない」と、厄介の前で涙を流す今日子。しかし厄介は「寝ていいんです。だいじょうぶ、僕は今日子さんが忘れても、絶対忘れませんから」と、今日子を優しく抱きしめ、ひざ枕してあげる。

最後にこんな「胸キュン」をとっておくなんて、なかなかにくい演出ではありませんか!

サンドグラスのホーロー、ヌル、マクルも今日子と厄介のために派手にかっこよく活躍したし、サンドグラス解体の「危機」も去り、いつもと同じ日が帰ってきました。厄介がさらに打たれ強くなったというおまけまでついて・・・。

けれど、結局は態条と今日子は無関係。態条は探偵としての今日子に助けられたお礼に、今日子が住んでいたというだけでサンドグラスを買い取り、ホーローにさりげなく今日子の「保護」をさせていただけだった。「お前は掟上今日子。今日から探偵として生きて行く」という謎の文字は永遠に謎として残ってしまいました。

が、ホーローはいたって前向き。「解けない謎が一つぐらいあってもいいんじゃない?」と、今日も軽いノリ。かくして、一件落着・・・。

ヘンテコなネーミングやノリの軽さ、毎回変わる今日子のファッションと、その中に以外にしっかりとしたロジックもあって、毎週楽しみに見てました。

でも、今日こそ、今日子が失われた記憶を取り戻し、寝ても記憶がリセットされなくなるんじゃ?と甘い期待を抱いていただけに、ちょっと残念。やっぱり今日子がいったい誰なのかは知りたいし、厄介とうまくいって欲しい。続編ていうのか、完結編が出てくれることを期待してます。

西尾維新が書いてくれないかな~。原作未読だけど、完結編出たら買っちゃいます!

 - 掟上今日子の備忘録